2019-07-01
[A-31023]台南市建築視察の参加希望者募集について

令和元年7月1日

会員各位

会長 西川 英治

台南市建築視察の参加希望者募集について

視察目的-「梅澤捨次郎の建築を見る」
石川県士族の出身梅澤捨次郎の建築が台湾台南市で多く残留している。梅澤は明治23年(1890)石川郡鶴来東町66番地に生まれた。本籍は金沢市広阪通り80番地‐4となっている。1911年工手学校(現工学院大学)建築学科を卒業し台湾に渡った。台湾総督府土木部営繕課等において台北市高等小学校、台湾師範学校本館、元台中師範学校本館、お手掛けた後、台南市内務部土木技師に任じられ各種建設工事に従事した。台南市警察局、林百貨店、末町店舗住宅、台湾日日新報社台南支局、鹿林山荘等が当時の作品であり今も使われているものも多い。
金沢では台南市にダムを残した土木技術者八田與一が有名であるが、金沢出身の建築技術者として梅澤捨次郎がいたことはあまり知られていない。今回の視察は梅澤捨次郎の業績を掘り起こし台湾に咲いた建築文化を石川県に紹介することを目的としている。当会としても今回の視察に賛同し、沢山の参加者を募ります。

■日時 :令和元年11月30日(土)~12月3日(火)
■視察先:台湾台南市
■費用 :約11万円(航空機代、シングル室、移動費込み)
■募集期間:現在~7月12日(金)
■その他:ツアー世話役:小幡謙治氏
  北國新聞から取材のため記者が同行予定
  現地建築関係者との懇談会を予定

一覧へ戻る
ページの先頭へ
Copyright (C) (一社)石川県建築士事務所協会. All rights reserved.