協会のご案内

会長ご挨拶

石川県建築士事務所協会 会長

このたび、令和4・5年度の会長に再任されました小林正澄でございます。
新型コロナ感染症の影響を受けて、生活や仕事にも変化が生じている中、建築界も転換期にきています。
建築士事務所も例外ではなく、変化に対応する事を求められています。
また一方で地震や水害等自然災害への対応も課題であり、地域の安全・安心に貢献していくよう積極的に寄与していきます。
石川県建築士事務所協会として、健全で安定した事業継続を支え、変容していく時代のニーズに対応した技術革新、業務開拓を推進していきます。

県内において、木造の耐震診断に会員の多数がたずさわり、耐震化の推進に寄与できる体制を整えています。
建築士法において建築士事務所に勤務している建築士に義務づけられています定期講習や、開設者・管理建築士講習を実施しています。
また、未来を担うこどもたちの夢を育む絵画コンクールにも取り組んでいます。

若手育成を目指して次世代を担う建築士の活動を支援していくなか、自らの業務や地域の将来のビジョンを構想する議論も重ねることで業界の発展に大きく繋がるものと期待しております。

建築設計界は一致協力して、建築生産全体のデジタル化推進やカーボンニュートラル2050の推進に努めてまいります。
建築士事務所の働きやすい環境整備と先輩方の築かれた事務所協会の信頼を礎に地域社会の期待に応え、活性化と発展を目指して歩んでいきます。

一覧へ戻る
ページの先頭へ
Copyright (C) (一社)石川県建築士事務所協会. All rights reserved.