協会のご案内

会長ご挨拶

石川県建築士事務所協会 会長

今建築界は大きな転換期に来ています。バブル崩壊以降20数年が経過しましたが、その間建築界は公共事業をはじめ建設投資が大幅に縮小し、建設不況のトンネルから抜け出すことができません。
そのため、実際ものをつくっていく建築職人の数が減少し、同時に後継者不在から廃業する業者が続出しています。まさに日本の建築を支える縁の下の力持ちがいなくなっている状況です。建築設計事務所にも同じ事がいえます。私たちの使命は市民や消費者の信頼を頂き、地域に根ざした地域に相応しい建築や環境を創っていくことと認識しています。このような使命を帯びた建築士事務所が継続的に活動できる環境を備えることは、地域社会にとって重要なことであり、現状の私たちの業務環境の改善は必要不可欠なものと考えます。
そのためには何よりも市民や消費者の信頼を得ること前提となります。このことは「言うは易し」ですが、これを実践するためには私たちは常に時代を見据えた新しい課題に取り組んでいかなければなりません。

私たち石川県建築士事務所協会では、会員が日々研鑽するプログラムを用意し、進歩する建築技術や変遷する建築法規を学ぶことができるようにしています。
また、県内各所において、木造住宅の耐震診断に多くの会員がたずさわっています。建築士法の改正により義務づけられた建築士事務所に勤務する人たちの定期講習や管理建築士講習を実施しています。
さらに未来を背負うこどもたちの夢を育む絵画コンクールも実施しています。
今後もこのような「自己研鑽プログラム」と「公益的プログラム」を組み合わせた活動を幅広く実施していきます。
同時に建築設計界のみならず 、日本の建築を再興するために他団体と連携し取り組んでいきます。

何よりも地域社会に貢献できる建築士事務所協会を目指して歩んでいきますので、
何卒よろしくお願い申し上げます。

一覧へ戻る
ページの先頭へ
Copyright (C) (一社)石川県建築士事務所協会. All rights reserved.